「産み分け」ののために必ず実践したいこと

精子の数や比率を調整する

精液の中の精子の数や比率をコントロールすることによって、希望する精子が受精する確率を上げること対1の割合ではありません。Y精子には、酸性の環境に弱く、寿命が短いという特徴があります。その弱点を補い、男の子と女の子がほぼ同数で生まれるようにするため、一定量の精液においては、Y精子のほうがX精子よりも多く含まれるようになっています。なお、精液中に精子が増えれば増えるほど、Y精子の占める割合が増え、X精子との差は広がっていきます。つまり、精子が多く含まれる精液ほど、Y精子の比率が高くなり、精子が少ない精液ほど、Y精子の比率は低くなるのです。ができます。

①禁欲

X精子、Y精子の数を調整する一定量の精液において、X精子とY精子の数は、
1対1の割合ではありません。Y精子には、酸性の環境に弱く、寿命が短いという特徴があります。その弱点を補い、男の子と女の子がほぼ同数で生まれるようにするため、一定量の精液においては、Y精子のほうがX精子よりも多く含まれるようになっています。なお、精液中に精子が増えれば増えるほど、Y精子の占める割合が増え、X精子との差は広がっていきます。つまり、精子が多く含まれる精液ほど、Y精子の比率が高くなり、精子が少ない精液ほど、Y精子の比率は低くなるのです。
精液中の精子の数は、射精の回数、健康状態、ストレスなどによって大きく変わります。なかでも、大きく影響を及ぼすのが、射精の回数です。射精の回数が多ければ、1回に放出される精子の数は減り、射精の回数が少なければ、精子の数は増えます。したがって、ひんぱんに射精して精液を薄めると、X精子が受精する確率、すなわち女の子が生まれる確率が高くなります。禁欲が長く、精液を濃くしておくと、Y精子の比率が増えるので、男の子が生まれる確率が高くなります。
特に、男性が25歳をすぎている場合は、禁欲によってY精子の数が増える傾向が、顕著になります。精子は、精巣でつくられ、蓄えられます。若いころは、精子はつねにつくられつづけますが、25歳をすぎると、精巣上体に精子がたまった時点で、精子の生産はストップするようになります。そして、貯蔵された精子の中で、老化して運動能力が低下した精子のぶんだけ、新しい精子を補充するのですが、このとき優先的に補充されるのがY精子です。そのため、男性が高齢であるほど、禁欲する期間が長くなると、精液におけるY精子の比率が高まるのです。――女の子がほしい場合月経が終わってから妊娠を目的とするセックスの2日前までに、少なくとも2回は射精します。精子の数を調整するセックスは、必ず避妊します。ただし、精子の数が少なすぎると、妊娠そのものが成立しなくなるので、注意が必要です。
――男の子がほしい場合妊娠を目的とするセックスの前は、最低5日間は禁欲して、Y精子の数を増やします。

②体位

卵子までの到達距離を調整する精子が卵子に到達する、卵管膨大部までの距離を調整することによって、希望する精子が受精する確率を高めることができます。――女の子がほしい場合X精子は、ゆっくり泳ぎますが、寿命が長く、酸性の環境でも比較的耐性があります。挿入が浅いと、子宮に到達するまで、酸性の環境の中を泳ぐ距離が長くなり、X精子に有利になります。
体位としては、伸長位、側臥位が、浅い結合になります。――男の子がほしい場合Y精子は、寿命は短いのですが、泳ぐスピードが速いです。男性器を子宮口そばまで奥深く挿入すると、精子は、よりアルカリ性に近い環境という好条件で、泳ぎはじめることになります。これは、瞬発力のあるY精子に有利になります。体位としては、屈曲位、後背位が、深い結合になります。

③排卵日

X精子とY精子の寿命の差を利用するY精子は泳ぐスピードは速いのですが、X精子より寿命が短いという特徴があります。そこで、X精子より先に卵管膨大部にたどり着いたとしても、排卵がまだの場合、卵子を待つあいだに死んでしまう確率が高くなります。――女の子がほしい場合X精子とY精子の寿命差を考慮して、排卵日2日前にセックスします。
男の子がほしい場合精子が卵管膨大部に到達してすぐ受精できるよう、排卵日当日にセックスします。

④下着で温度調整する

熱への耐性を利用するY精子は熱に弱いため、睾丸を温めると、死んでしまいます。Y精子を減らさないためには、睾丸に熱がこもらないようにすることがたいせつです。熱のこもりやすい下着か、そうでないかを選ぶことによって、Y精子の数をコントロールすることもでき
ます。女の子がほしい場合下着は、ふだんからブリーフやボクサーパンツを履いて、睾丸に適度な熱がこもるようにします。ただし、睾丸を温めすぎると、精子の数が減りすぎて、妊娠そのものが成立しなくなりますから、注意してください。男の子がほしい場合下着は、睾丸に熱がこもらないトランクスが望ましいです。熱いお風呂やサウナも、しばらくは控えるようようにしましょう。「産み分け」カレンダー星回りから「産み分け」に適した日を見つける方法は、世界各地でおこなわれてきました。東西を代表して、ふたつのカレンダーをご紹介しましょう。

*ヨナッシュ・メソッド(ルナ・バースデイ理論)月経周期の28日は、月の満ち欠けのサイクルと関係します。昔から、天体の動きは、排卵や妊娠に関係すると考えられてきました。満月や新月には出産が増えるといわれ、新月に排卵するなら女の子、満月に排卵するなら男の子、という説もあります。ヨナッシュ・メソッドは、天体の動きをもとにした独自のカレンダーに従ってセックスすることで、妊娠をめざすメソッドです。このメソッドでは、西洋占星術の12星座を、男性星座と女性星座のふたつに分けて考えます。そして、受精の瞬間、月の満ち欠けの位置が、ホロスコープの男性星座に位置するか、女性星座に位置位置するかによって、産み分けができると述べています。

*中国の男女産み分け表中国には、女性の年齢(数え年)と妊娠する月から、生まれる赤ちゃんの性別を割りだす「産み分け表」があります。シンプルな方法ですが、中国では高い成功率を収めているそうです。この他にも、インターネットで検索すると、世界各地のさまざまな「産み分けカレンダー」が見つかり見つかります。理論的な根拠があるものも、おまじないのようなものも、内容はさまざまですが、息抜きに眺めるのも楽しいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です