産み分けするために気になる!性別が決まるしくみ

かつては、生まれてくる子どもの性別は、女性側にその原因があると考えられていました。
そこで、女の子ばかり生まれる女性は「女腹」と呼ばれ「跡取りが生めないのは、嫁が悪い」と責められた女性が、たくさんいました。
しかし、科学の発展により、生まれてくる子どもの性別は、女性側の卵子にはまったく関係がないことが証明されました。
性別を決めるのは、卵子ではなく男性側の精子です。人間は、細胞の中に、ふたつ1組の染色体を23組ずつもっています。染色体は、ひとつは母親から、ひとつは父親から受け継いでいます。

23組の染色体のうち、22組までは常染色体と呼ばれ、対となる2本は、大きさもかたちも同じです。ところが、23組目は性染色体と呼ばれ、X染色体、Y染色体という、2種類の染色体が存在しています。性染色体が、X染色体とY染色体の組み合わせだと、性別は「男」になります。X染色体とX染色体の組み合わせだと、性別は「女」になるのです。

染色体の組み合わせ

卵子と精子は、それぞれ染色体を23本ずつもっています。
女性の卵細胞(卵子)には、常染色体が22本と、性染色体としては、X染色体が1本あります。

いっぽう、男性の精子には、2種類あります。
・常染色体が22本と、性染色体として、X染色体を1本もつもの(X精子)
・常染色体が22本と、性染色体として、Y染色体を1本もつもの(Y精子)
卵子の性染色体は、Xの1種類だけですから、赤ちゃんの性別は、Y精子とX精子の2種類のうち、どちらの精子が受精するかによって決まります。
受精のとき、卵子のX染色体に、Y精子のY染色体が組み合わさると、受精卵はXYになり、男の子が生まれます。

X精子のX染色体が組み合わさると、受精卵はXXになって、女の子が生まれます。
そこで、産み分けにおいては、X精子またはY精子の特徴をふまえて、選択的に受精させることが基本になります。
性を決めるホルモンのシャワー男の子と女の子の体の違いは、おなかの中にいるときにつくられはじめます。これを「性分化」と呼びます。
性差を決めるうえで、大きな影響をもたらすのが、「アンドロゲン・シャワー」と呼ばれる、ホルモンの分泌です。
赤ちゃんが男の子の場合は、妊娠6週から24週にかけてアンドロゲンというホルモンが大量に分泌され、睾丸などの男性器がつくられていきます。
赤ちゃんの原型は、女の子の姿をしていて、アンドロゲンが分泌されないときは性分化が進まず、そのまま女の子として成長します。
アンドロゲンは、お母さんにも影響を与えます。「男の子がおなかにいると、お母さんの顔つきが少しきつくなる」と言われますが、これはあながち俗説とはいえません。
アンドロゲンが大量に分泌されると、お母さんにも影響が及びます。顔立ちが少し変わることはありうるでしょう。
アンドロゲンは、赤ちゃんの脳の発育にも影響を及ぼします。
子どもの性格や行動パターンは個人差が大きく、「男の子らしさ」「女の子らしさ」という表現は、いちがいに当てはまるとはいえません。それでも、子どもたちを観察すると、大ざっぱに「男の子の傾向」「女の子の傾向」というものはあるものです。
これは、いわゆる「男性の脳」「女性の脳」と言われる、脳の性差によって生じています。
そして脳の性差は、胎児期に浴びるアンドロゲンによってほぼ決まることがわかっています。
男女の脳の器質上の違いとしては、脳梁の太さがあげられます。
脳の構造は、大きく右半球と左半球に分けることができます。
右半球は右脳と呼ばれ、イメージの記憶、直感、空間認識などを、つかさどります。左半球は左脳と呼ばれ、言語の認識、推理、計算、論理的思考などを、つかさどります。
右脳と左脳は、完全に分離しているのではなく、ふたつの脳をつなぐ脳梁と呼ばれる部分があります。
男性の脳は、女性に比べて、脳梁が細いという特徴があります。この脳梁の太さが「男性の傾向」「女性の傾向」をつくりだしているのです。
たとえば、男性は理詰めで考えるのが好きで、「1+1=2」という発想が得意なことが多いものです。
いっぽう、女性の脳は、脳梁が太いため、左右の脳を多くの情報が行き来します。
そこで、イメージの力が強くなり、表現力が豊かになるいっぽう、感情の起伏が激しくなるのです。もっとも、性分化がどのように進むは、ホルモンの分泌量やそのプロセスによって、大きな違いがあります。子どもの性格を、「男の子らしさ」「女の子らしさ」でくくることができず、個人差が大きいのはそこに原因のひとつがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です